患者様の権利と責務

光生病院は、「慈愛と奉仕の医療」の提供の理念のもと、患者様と医療提供者とが相互の信頼関係に基づき、協働してより良い医療を構築し、患者様の立場に立った良質で安全な医療の提供を目指しています。この目的のため、光生病院における患者様の基本的な権利を明確にするとともに、患者様に守っていただく責務として「患者様の権利と責務」を定めます。

患者様の権利

1 個人として尊重され、良質な医療を公平に受ける権利

患者様は、だれでも医療を受けるに当たり、一人の人間として尊重され、一切の差別を受けることなく、現行の医学水準に基づいた安全かつ適切な医療を公平に受ける権利があります。

2 十分な説明と情報提供を受ける権利

患者様は、だれでも検査や治療についての必要性やその危険性ならびに他の治療方法の有無などについて、十分な説明と情報の提供を受ける権利があります。

3 自らの意思で選択、決定する権利

患者様は、だれでも自分の意思で、受ける検査や治療方法を選択する権利とともに望まない医療を拒否する権利があります。そのため、診療情報の開示や他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。

4 個人情報やプライバシーを保護される権利

患者様は、だれでも診療過程で得られた個人情報とプライバシーを守られる権利があります。

5 臨床試験や研究途上にある治療について、これを受け、また拒否できる権利

患者様は、だれでも臨床試験や研究途上にある治療については、その目的や危険性などに関して十分な情報提供を受ける権利があります。そして、患者様の意思に基づいて、それを受けることや拒否することができます。

患者様の責務

1 正確な情報を提供する責務

患者様は、医療提供者が的確な判断を行えるよう、自らの健康に関する情報をできる限り正確に医療提供者に伝える責務があります。

2 疾病や医療を十分理解する責務

患者様は、医療提供者に納得できるまで質問をするなどにより、自らの疾病や医療について十分理解する責務があります。

3 医療に積極的に取り組む責務

患者様は、検査や治療について納得して合意したその方針に意欲を持って取り組む責務があります。

4 快適な医療環境づくりに協力する責務

患者様は、自分自身を含めた全ての患者様が、快適な環境で医療が受けられるように、病院の規則や病院職員の指示を守る責務があります。

5 社会的ルールを守る責務

患者様は、社会的なルールを遵守し、他の患者様のプライバシーや権利を尊重し、また、医療費を適正に支払う責務があります。

クローバー