フットケア外来

フットケア外来

フットケアで全身の感染予防。

診療内容

糖尿病からの透析患者様が近年増加しており、動脈硬化が進行している例が多くみられます。動脈硬化による血流障害が発生すると、感染症に対する免疫力が低下する等の様々な障害が起こってきます。

このようなことから、靴擦れや巻き爪、タコやウオノメ等、小さな傷が気づかぬうちに重症化し、場合によっては足の切断に至ることもあるため、フットケアを十分に行う必要があると言えます。また足の切断に至った後も全身の感染予防においてフットケアは重要です。
当院のフットケア外来では足・爪のトラブルを早期発見し、重症化予防のためにサポートいたします。

フットケアの内容

  • 足の観察(爪や皮膚の状態)
  • 神経障害・血流障害の簡易検査
  • たこ削り・角質ケア
  • フットマッサージ
  • 日常生活指導、お手入れ方法のご提案など

フットケア外来の受診をおすすめする方

糖尿病患者様、透析患者様で下記の診断がなされている方

  • 糖尿病性神経障害
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 下肢や足趾を切断したことがある方
  • 足の潰瘍治療歴のある方
  • その他、足のトラブルを抱えている方

外来診察表

 
午前
8:30~11:45
診察開始9:00
- - - - - -
午後
12:30~16:30
診察開始13:00
- - - - -

みなさまの生涯歩行を当院がサポートさせていただきます。
糖尿病患者様、透析患者様に限らず、かかとの乾燥、爪の肥厚等の足・爪のことで気になること、お困りのことがある方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
Contact

お問い合わせは、以下のリンクからメールでお寄せください。