地域医療連携室

地域医療連携室

地域の医療機関との密な連絡で、患者様の診療体制を支援。

地域医療連携室について

当院では、地域の皆様や医療機関、福祉施設、行政機関との連携を深めることで、患者様が適切な医療を受けられ、安心した生活が送れる環境の構築に貢献します。
地域医療連携室には医師1名、看護師1名、医療ソーシャルワーカーを2名配置しております。
転院相談を受けたら、迅速にカンファレンスを行い転院までの日数を短縮できるよう日々努力しています。

地域医療連携室の主な業務

高齢者の増加や疾患の慢性化に伴い、一つの医療機関で患者様の全てをサポートすることが困難になってきています。
そこで各医療機関は役割を分担し、病状に応じた適切な治療が行える病病・病診連携システムが確立できています。地域の医療機関と連絡を密にし、それぞれの役割を生かしながら、患者様の診療にあたる体制を支援しています。

看護師:前方支援

  • 地域の病院、施設からの紹介患者様の調整
  • 国土交通省短期入院(独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA))、重症難病一時入院受入事業もしています。
  • その他関係機関等の連携窓口

MSW:後方支援

  • 入院、転院に関するご相談
  • 紹介患者様の経過報告などの返書および情報管理
  • 医療費などの経済的な問題の支援(各種制度の利用)
  • 退院後の生活や社会復帰に関する支援(介護支援、施設利用等)
  • 介護保険や身体障害者手帳などの制度の紹介

入院時から医療ソーシャルワーカーが介入し、スムーズに退院が出来るよう支援を行っています。退院困難ケースであっても、親身になって相談にのり在宅復帰・施設への退院をお手伝いいたします。ご紹介頂いた患者様は返書という形で治療経過を報告致します。

その他

  • 地域に対する診療機能の広報活動
  • 広報誌発行

お問い合わせ
Contact

お問い合わせは、以下のリンクからメールでお寄せください。