透析室


透析室の理念・目標


《理念


「良い物をしっかり食べ、しっかり透析を」 「一人一人に応じた治療の選択」


《目標》

1. 患者様に対し、生体適合性の良いダイアライザーを使用する
2. 検査データを医療スタッフが評価し、ICを大切にした処方透析を行う
3. 透析液の適切な濃度管理と、より洗浄化されたエンドトキシンを含まない透析液を供給する
4. 抗凝固剤の適正選択を行い、必要最低限の使用量で透析が行えるよう努める
5. 十分な尿毒素を除去し、患者様の生活を中心とした透析の選択を行う



透析室のご案内


《設備概要》


  • 患者監視装置 全36台
    【血液透析濾過用装置 3台、
     個人用患者監視装置 1台】
  • ベッド 30床(うち個室2部屋完備)
  • その他(駐車場、個人ロッカー、透析食の有料提供)


《治療内容》


  • 透析関連
    【血液透析】【血液吸着】【持続的血液浄化】【血液吸着】

  • シャント関連
    【シャントエコー検査】【経皮的血管形成術(PTA)】【シャント手術】


《診察時間》


  • 夜間透析

午後
×
×
×
×
午後: 15:30〜21:45 (夜間透析)

  • トラベル透析

午前
×
午前: 9:30〜15:30 (トラベル透析)

  • CKD外来、PD外来、シャント担当医による外科外来

    CKD(慢性腎臓病)外来・・・水曜日14:00-16:00(予約制)、土曜日9:00-11:00(予約制)
    PD(腹膜透析)外来・・・水曜日15:30-16:00(予約制)
    シャント担当医による外科外来・・・月、木曜日13:00-16:00、金曜日9:00-12:00



スタッフ紹介


《師長挨拶》


透析室・師長 内田朋子

皆様こんにちは。
1月より光生病院透析室の師長を背任させていただいております内田でございます。
私のモットーは、患者様お一人お一人を大切に個人にあった看護の提供です。
また、光生病院ならではの地域に密着した透析室にしてまいりたいと思っております。
お仕事しながら透析をされている患者様、ぜひ当院透析室にお越しください。
明るく元気な職員がお待ちしています。


《医師 5名》


透析室室長

土持茂之Dr.

医員

早川昌志Dr.

非常勤医

松島寛Dr.

岡山大学

森永祐士Dr.

岡山大学

林啓悟Dr.


《看護師 8名、准看護士 2名、ケアワーカー 2名、 臨床工学技士 6名》

   


透析室の特徴


《夜間透析・トラベル透析》


★夜間透析とは★
「日中は仕事のため通院できない」「夜でないと予定を空けられない」など、様々な理由で日中透析が困難な方のための透析システムです。患者様の生活リズムに合わせ無理のない透析をお手伝いいたします現在当院で治療を受けられている患者様の夜間透析への時間変更も可能です。

☆トラベル透析とは☆
2日に1度は透析治療を受けないといけないので、長時間の旅行や出張ができない。そんな方の負担を府腰でも軽減できればと始めたこのシステム。現在治療を受けている病院からの紹介状をお持ちになり、まずはご連絡ください。

《福祉施設との連携》


 病院一体型福祉施設からはエレベーターで透析室に行く事が出来ます。
車イス、歩行 介助などの移動介助も行っており、自宅からの通院や通常の
施設に支払われている「付き添い費用・送迎費用」は一切かかりません。
申し送り、連絡ノート等を活用し施設スタッフと連携を図っています。
また、病院外の福祉施設とも連携を図っております。


   
・特別養護老人ホームご入居希望
 ご連絡の上、施設相談員に直接ご相談ください。

・ショートステイご入居希望
 皆様の専属のケアマネージャーにご相談ください。

086-222-5105 

担当者まで

  

小規模多機能型居宅介護ご入居希望
 ご連絡の上、施設相談員に直接ご相談ください。

086-222-5106 

担当者まで

 

サービス付き高齢者賃貸住宅ご入居希望
 ご連絡の上、施設相談員に直接ご相談ください。

086-222-5109 

担当者まで














《最新透析管理システム》


          

 最新透析管理システム



《シャント管理(OPE,PTA,エコー)》


  当院ではシャントトラブルに対しOPE(オペ)、PTA(経皮的血管形成術)、エコー(超音波検査)を実施しております。
トラブル時にはエコーを実施し血流、狭窄を判断しPTA、OPEの必要性を検討します。

シャントトラブル時には!?

1.シャント肢の痛みはあるか
2.赤く腫れていないか
3.聴診器があればまずは音を確認
4.シャントを触ってみて動きがあるか

などを確認し、病院へ受診、連絡をお願いします。



《透析液清浄化》



?透析液清浄化が必要な理由とは?

近年の主流として透析治療にもちいられているダイアライザー(人工腎臓)は
high flux膜の使用がほとんどです。それは、透析合併症の透析アミロイドーシスの
原因物質の一つと考えられるβ2-MG(分子量11800)を除去ターゲットとしている
ためです。 β2-MG等の低分子量蛋白の除去性能を高めるにはダイアライザーに
空いている穴(細孔径)を大きくする必要があり、それがhigh flux膜ダイアライザー
です。このダイアライザーの特徴として血液側から透析液側へ小分子量物質から
低分子量蛋白の除去性能が大きくなる一方で、透析液側から血液側への物質移動も
起こりやすい状態になっています。

透析液清浄化の臨床効果は   
1.手根管症候群の発生頻度の減少   
2.血清β2-MG濃度の低下   
3.血清CRPの低下   
4.血清アルブミン値の上昇   
5.貧血の改善                   などが報告されています。


?超純水透析液を供給し続けるために?

@透析液水質管理体制の確立
当院では透析機安全管理委員会を設置し、透析液水質管理・患者監視装置保守を
管理しております。水質管理は毎月エンドトキシン(ET)、細菌測定を行い
清浄化の確認を行っております。

A消毒剤毎日封入洗浄
過酢酸系透析装置専用除菌洗浄剤「ステラケア《を使用し、毎透析終了後に封入洗浄を
行っております。封入洗浄することで消毒効果を持続させ、より清浄化された配管と
なります。 また、朝、透析液配管の水洗を90分、透析液準備を30分として封入による
薬液残留を防止しています。

B次亜塩素酸Na極低濃度洗浄 東レ社RO装置の特徴、RO水ライン洗浄を週1回行っており、
透析液配管だけではなくRO水作成時点からの消毒を行い、細菌繁殖を抑制しております。

Cもし汚染された透析液が供給されても…
RO装置タンク後に2つ、透析液供給装置後に2つ、患者監視装置に2つ直列でフィルターを
装備させ、汚染された透析液が供給された場合でもシャットアウトできるようなシステムを
構築しております。またそのフィルターについても圧、漏れなどをチェックし、交換推奨
期間で交換を行っております。

Dカプラへのこだわり
カプラとはダイアライザーと患者監視装置との接続物でここが汚染されている状態だとせっかく清浄化された液を作成しても意味がなくなってしまいます。当院では、患者監視装置計30台中27台はクリーンカプラで従来カプラで菌の温床原因となっているOリングの使用がないものが採用されており、毎日の消毒洗浄で清浄度を保っています。また残り3台のOリングを使用せざるえないカプラについては3ヶ月に1度カプラ消毒を行い、Oリング新品への交換、カプラ内部の消毒洗浄を臨床工学技士にて行い、清浄度を保っています。



《透析液作製・供給フロー》





《充実した検査》




採血
 毎週透析初めの曜日に患者様検査データの確認を行っております。
 また、半年ごとに感染症、血液ガス、β2-MG等の確認も行っております。



・定期スクリーニング
 患者様誕生日月に定期スクリーニングとして
  @胸部CT  A腹部CT   B検便  CAPI  DDEXA  E心エコー  
                           の検査を行っております。

 

《患者様親睦会》





年1回患者様との親睦会を開いています。
患者様透析歴5、10、15・・・と5年くぎりで 表彰と病院からの記念品をお渡ししています。