神経回復センター

神経回復センター 設立要旨

パーキンソン病は黒質が変性することで情報伝達物質ドーパミンが失われ、振戦、強剛・無動・姿勢反射障害といった特異的な症状があらわれる疾患です。本邦では、専門的治療施設が少ないことが原因となり、非常に多くのパーキンソン病患者様が満足な日常生活を送れていないのが状況です。

当院は、岡山大学病院 脳神経外科 上利 崇 先生のご指導の下、全国でも数少ない入院設備を備えた神経回復センターを立ち上げることとなりました。薬物療法のみでは十分に効果が得られないパーキンソン病や本態性・症候性振戦・ジストニアなどの不随意運動を呈する患者様に対し、脳深部刺激療法(DBS)が適応となります。当センターでは、岡山大学病院と連携し、DBSの術前・術後リハビリテーションを行い、患者様のQOL(生活の質)の向上を図ります。また、チームが連携し、適切な評価ならびにリハビリテーションを実施するとともに、治療実績を蓄積し、DBS術前後リハビリテーションのエビデンスレベルを向上させます。

全国のパーキンソン病で悩まれる多くの方々に安心して治療を受けていただける施設となるようチーム医療を推進します。

<基本方針>

1.患者様中心の医療を行うために、患者様の価値観を配慮した医療を行う
2.患者様の置かれた状況に応じた術前・術後評価・リハビリテーションを提案する
3.患者様が満足するようにパーキンソン病の状態改善に務める
4.医師,コメディカルが一体となってチーム医療を実践する
5.長期観察することで患者様に寄り添う医療を提供する
6.DBS術前・術後後療法のための研究を行う
7.DBSについての啓発活動を行う

社会医療法人 光生病院
神経回復センター
センター長  吉本 靜雄


前のページへ 次のページへ