神経回復センター

パーキンソン病とは

パーキンソン病(Parkinson’s disease)とは、ドーパミンという脳内物質が正常に働かなくなり、分泌量が少なくなることでおこる進行性の神経変性疾患です。発症する年齢は高齢になるほど発症率、ならびに有病率が増加し40歳〜60歳が最も多くなります。40歳以下で発症した場合を若年性パーキンソン病と呼びます。

パーキンソン病の有病率は日本では約1,000人に1人、欧米では1,000人に3人と欧米人の方が高いといわれています。2005年の厚生労働省による患者調査では14万5千人となっています。現在、なぜドーパミンの分泌量が少なくなるのか原因は不明ですが、先天的な遺伝により発症する例もあり、いくつかの病因遺伝子が発見されています。

パーキンソン病の症状には大きく2つに分けると、運動症状と非運動症状に分けられます。運動症状としては、足がすくむ、手の震えが止まらない、転びやすい、身体が硬くなる、などの症状があり、非運動症状には精神症状や自律神経症状などがあります。

前のページへ 次のページへ