入院医療費に関するお知らせ

平成21年7月1日より「入院医療費」の計算方法が変わりました。

DPCに関するQ&A

DPC対象病院のお知らせ

 当院は、厚生労働省からの指定を受け、平成21年7月1日からDPC対象病院となりました。
これに伴い、入院費の計算方法がこれまでの「出来高方式」から「診断群分類別包括評価(DPC)方式」と呼ばれる新しい計算方式へと変わりましたので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

DPCとは Diagnosis(診断) Procedure(処置・手技) Combination(組み合わせ) の略

 従来の診療行為ごとに積算して診療費を計算する「出来高方式」とは異なり、入院患者様の病名、症状、治療内容をもとに厚生労働省が定めた診断群分類ごとに1日当たりの定額料金からなる包括評価部分(投薬、注射、検査、画像診断、入院料等)と、出来高評価部分(手術・麻酔・リハビリ・指導料等)を組み合わせて計算する新しい方式です。
 DPCは、医療の質の標準化を目指すものであり、単に計算方式の改革だけでなく、良質な医療、効率的、効果的な医療、医療の透明化等を図るために実施されるものです。

DPCの対象となる方

 平成21年7月1日以降に2階病棟、3階病棟に入院される患者様が対象になります。
 なお、平成21年6月30日以前に入院された患者様で、7月以降も引き続き入院される場合は、7月と8月分はこれまでの出来高方式で計算され、9月の医療費からDPC方式で計算されます。

入院診療費のご請求について

 これまでは、月2回の定期請求を行っておりましたが、このたびの計算方式の変更に伴い、月1回(月末締めの翌月10日頃のご請求)に変更させて頂きます。

ご不明な点がございましたら、総合受付、または医療福祉相談コーナーまでお問い合わせください。

病院長

入院医療費に関するお知らせとQ&A(印刷用PDFデータ)