岡山大学と提携したオペ

眼瞼下垂(がんけんかすい)

お困りではありませんか?

  • まぶたが垂れ下がって、上が見にくい
  • おでこに力を込めないと、まぶたが開かない
  • 目が疲れやすい
  • 頭痛や肩こりがひどい

                 …など

たしかな技術で経験豊富な形成外科専門医が治療を行っております。
お気軽にご相談ください。

眼瞼下垂ポスターはこちら


形成外科ページへ


内側半月板後根断裂(ないそくはんげつばんこうこんだんれつ)

あなたのその危険な半月板損傷、見逃していませんか?

  • 内側半月板後根断裂は中高年の女性に好発し、急激に膝関節の機能が悪化する特殊な半月板の断裂です。
  • 内側半月板後根断裂はこうして発生します
    階段の利用、ハイキング、犬の散歩、段差や溝を飛び越える際の着地で受傷することが多いようです。

パキッという音とともに膝の裏側の痛みを自覚した場合は、すぐに専門医に相談しましょう。

内側半月板後根断ポスターはこちら


整形外科ページへ


FAI; Femoroacetabular impingement(大腿骨寛骨臼インピンジメント)

FAIは2003年にGanzらによって体系化された概念で、特有の形態異常を有する大腿骨頚部と寛骨臼縁が股関節の運動に伴い繰り返し衝突することで、関節唇および寛骨臼軟骨の損傷が生じる病態です。
股関節を曲げて捻ると股関節に痛みが出ます。

重症化すると歩行時にも痛みを感じるようになることもあります。

股関節・骨盤のスポーツ障害・外傷について


FAI; Femoroacetabular impingement(大腿骨寛骨臼インピンジメント)について


整形外科ページへ


グローインペイン(恥骨結合炎)

キック・ランニング・起き上がり動作などの際に、下腹部や鼠径部に痛みを感じます。難治例では会陰部から肛門周囲にかけての痛みを伴うこともあります。体幹から骨盤および股関節周囲の筋力や関節可動域が低下し、また体幹と下肢の協調運動が出来ず不自然な使い方になり、これらの機能が低下します。

全身の機能不全が鼠径部周辺の器質的病変の発生に関与しているとされています。痛みと機能障害の悪循環が生じて症状が慢性化していきます。

股関節・骨盤のスポーツ障害・外傷について


グローインペイン(恥骨結合炎)


整形外科ページへ