健康管理センター

2F 血管造影(DSA)室

血管造影(DSA)室が配置され、手術室および急性期病棟からの動線は最短になりました。緊急な血管造影検査、血管内治療のより一層迅速な実施が可能となり、患者様への負担も軽減できると確信しております。また、LED照明を設置した明るいDSA室の床面積は、約62‡uあり、最新の血管形成術や動脈塞栓術、あらゆる種類の循環器系検査・治療、さらには低侵襲で癌を治療する経皮的ラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法【癌の中に直径1.5mmの電極針を挿入し、癌を凝固壊死させる治療法】にも対応できる十分な広さを兼ね備えています。