研修・教育

教育方針

病院の理念、看護部の方針に基づいて、患者様に安全、安心な質の高い看護を提供できる看護師、環境変化に適応できる柔軟な優しく強い看護師の育成をする。

目標

1) 看護の質を高める為の看護技術修得が出来る
2) 個人がキャリア開発へと自己研鑽を図り、看護技術、質の向上へと導いていくことができる
3) 継続教育は、看護の専門職業人として臨床実践能力を高め、患者ケアの質的向上を図ることを目的とする。
4) 社会の動向、医療環境を踏まえた研修の機会を提供する。
5) クリニカルラダーシステムに基づいて、目標管理が連動されキャリア開発へと導かれるよう、研修制度の透明化とその機会を提供する。

教育システム

1)新人教育研修

「共に学び、共に育つ」をコンセプトに、プリセプターシステムを行っています。

①新人研修

新人研修を総務課と連携し、光生病院の一員として、また看護専門職人として、安心してスタートが切れるように取り組んでいます。

【指標】技術項目(チェックリスト)を活用し、集合教育、OJTを実行していきます。

【研修開催日】毎週水曜日


●2018 看護部新人研修スケジュール●


4月 5月 6月
目標 ①職場環境に慣れる
②職業人としての基本的姿勢、態度を身につける
③自己の体調管理ができる
①看護師としての自覚を持ち患者と接することができる
②指導を受けながら看護技術、援助ができる
③患者と良好なコミュニケーションがとれる
①受け持ち看護師としての体験をする
②受け持ち患者の情報収取ができる
③手順に沿った看護が提供できる
④標準予防策・安全を意識して行動できる
⑤患者の以上に気づくことができる
⑥報告相談連絡が速やかにできる
off-JT ①新採用時オリエンテーション
②ローテーション研修
③排尿介助
④オムツ交換
⑤移乗移動
①排尿介助
②嚥下テストと食事介助
③移乗移動
④口腔ケア
⑤採血
⑥血糖測定とインスリン注射
⑦看護記録
⑧スタンダードプリコーション
⑨医療安全
①看護必要度
②輸血
③浣腸、適便、導尿
④薬剤管理について
⑤注射、点滴
⑥酸素ボンベの取り扱い
⑦吸引
OJT ①環境整備、リネン更新、ゴミの分別
②体位変換、罨法
③バイタルサイン測定
④配下膳
⑤オムツ交換
⑥排尿介助
⑦移乗移動
①清潔ケア
②食事介助
③採血
④血糖測定
⑤与薬
①指導者の支援のもと1人の患者を受け持ち記録する
②看護技術の準備から後始末までの一連の過程を実施する
③浣腸、適便、導尿
④注射、点滴
⑤吸引
7~9月 10~12月 1~3月
目標 ①指導のもと時間管理できる
②優先順位を考えることができる
③指導のもと一連の看護過程が展開できる
④リーダーと相談しながら医師へ報告できる
⑤転倒・転落などの危険予測ができる
⑥麻薬金庫の場所がわかり取扱いができる
①各パートの役割が理解できる
②夜勤が体験できる
③必要時メンバーとの連携がとれる
④急変時の対応が分かり、指示のもと実践できる
①指導のもと安全な看護ができる
②チームメンバーの役割が理解できる
③多職種との関わりができる
④2年次の目標が立案できる
off-JT ①経管栄養
②輸液ポンプ、シリンジポンプ
③人工呼吸器
④麻薬の取り扱い
⑤血液製剤の取り扱い
⑥褥瘡予防とスキンケア
⑦BLS
廃用症候群 ①1年間の振り返りと学びを発表

②BLS

OJT ①複数の患者を受け持ち記録する
②カンファレンスに参加する
③患者家族へのIC、指導の場面を見学、体験する
④経管栄養
⑤心電図モニター
⑥創傷処置
⑦褥瘡処置
⑧麻薬の取り扱い
⑨輸血
①新しいことを経験する時は具体的な指示のもと行動する
②今案で②経験した看護を繰り返し実践し、実践力を強化して自信をつける
③看護過程を理解し実践につなげる
④エンゼルケア
⑤アセスメントの記録ができる

②プリセプターシステム

クリニカルラダーⅡ-b以上の先輩看護師の指導のもと実行。

2)継続教育

①研究発表会

院内研究発表会、院内勉強会に毎年参加しています。

一つの課題に向かいチームで取り組むプロセスは、充実感がありより日々の看護の質の向上へとなると実感しています。

②院内実習 希望者を募り、他部署での体験を一週間行います。現場では、業務に追われている日々。じっくりと一人の患者様にかかわり改めて看護を振り返る機会となったと好評でした。

③体験発表 看護経験年数に関わらず、忘れてはならないものは看護観です。いろんな場面に遭遇し、看護経験をつみ、そして、看護職以外で経験してきた個人の体験が組み合わされてキャリアとなって行きます。他の人の看護観を聞くことで、改めて気付かされる面もあり新鮮な気持ちになります。

④部署単位の勉強会 各部署の教育委員が中心となり、部署のスタッフ希望から勉強会を企画しています。各部署の専門性をいかした内容もあり積極的に取り組んでいます。

3)クリ二カルラダー (目標管理)

 個人のキャリア開発に向けて、個人が自己研鑽できる。そして、担当部署の管理者もそれを支援していくために研鑽しています。自己評価ファイルを活用しての目標面接・新人にはポートフォリオシートを活用し、個人の学習と成長のプロセスが可視化され、ストックもでき目標をもち行動できるようにしています。



4)看護部補助者教育

 看護補助者において必要な基本的なスキルを身につけられるよう院内研修を開催し、標準的な行動が安心して安全に行えるよう取り組んでいます。

光生病院

社会医療法人 光生病院

〒700-0985 岡山県岡山市北区厚生町3丁目8番35号
TEL: (086)222-6806(代)
FAX: (086)225-9506
ホームページ:
http://www.kousei-hp.or.jp