診療支援部

最新の医療機器や精度の高いデーターをもって質の高い診療の支援ができるよう日々研鑽を重ねています。患者様との対話を大切にしながら信頼されるサービスが提供できるよう努めています。


栄養課 調理室

臨床検査課



放射線課

当放射線科では、胸部・腹部・骨などの単純撮影をはじめ、最新鋭のカラー3次元画像処理装置をも駆使して、画像診断に役立てて頂いております。

【設備】
MRI装置、ヘリカルCT装置、DSA・シネ撮影装置、骨密度測定装置、カラー3次元画像処理装置、X線一般撮影装置、X線透視装置、X線断層装置、ポータブル装置、X線外科用イメージ装置(DSA対応)

MRI装置

高性能な装置を用い任意の断面撮像は基より、最適な条件下で各部の血管を見るMRA、造影剤を用いた造影検査・Dynamic検査を行っています。また、カラー3次元画像処理装置(東芝製xtension)と組み合わせ、病変部を立体的に描出しています。


MRI装置概観

MRI装置による検査風景

CT装置

シングルスライスにて撮影する横断面をはじめ、ヘリカルを使用し一回の短時間な息止めで撮影し、ずれ等の少ない高画質な撮影を行っています。そして、造影剤自動注入器とヘリカルCTを用いたダイナミックCT検査を行っています。また、カラー3次元画像処理装置と組み合わせ、骨折や腫瘍等の病変部を立体的に描出しています。


CT装置概観

CT装置による検査風景

DSA・シネ撮影検査装置


DSA・シネ撮影検査装置

頭部をはじめ、心臓、四肢の血管内の血栓を溶解する治療、血管内を拡張する治療を行っています。また頭部では、動脈瘤破裂によるクモ膜下出血、脳ドック等にて描出された未破裂の動脈瘤を血管内部より塞栓する治療も積極的に行っています。


骨密度検査装置


骨密度検査装置

精度の高いDEXA法を用いた装置により撮影し、データ解析を行っています。またデータは保存されていますので前回との比較が可能です。


カラー3次元画像処理装置


CTデータを元にカラー化及び3次元処理をしている様子

CT・MRI装置にて撮影した画像データを取り込み、骨折の状態、腫瘍等の病変部の状態、動脈瘤等の血管の状態を3次元的に描出しています。 また気管支や血管内を描出(フライスルーによる動画)し、診断・患者様への説明に使用しています。


※当放射線科では、学会等への発表など学術活動を積極的に行い、最新の技術にて画像を提供しています。尚、当院では岡山大学放射線科医師3名にてCT・MRI検査の所見付けを行っています。



リハビリテーション課


理学療法(Physical Therapy:PT)


【理学療法室】

温熱療法や寒冷療法などの物理療法で痛みを和らげたり、寝返り・起き上がり・立ち上がり・歩行などを運動療法を通し、行いやすくするお手伝いをします。



作業療法(Occupational Therapy:OT)


【作業療法室】

Quality of life(生活の質)の向上を目指し、様々な作業活動を用いて治療・指導・援助を行っています。

また、家事動作や屋外活動への機会をつくり、社会生活への自信回復を目指します。

そして、一人一人の患者様の生活状況や今後の役割を考慮しながら、住環境整備・福祉用具の導入・介護指導を行い、入院中や退院後の日常生活ならびに社会生活が送り易いように援助していきます。


言語療法(Speech Therapy:ST)


【言語療法室】

脳卒中や外傷、様々な原因でことばや 飲み込みが不自由になられた患者様への 訓練・指導を行っています。
お気軽にお声をかけてください。




日常生活動作練習室
物理療法室




理念

地域の皆様、企業で働く皆様が心豊かで健康的な生活を送ることができるよう積極的に支援する。

目標

T.安全で精度の高い検査を提供することにより病気の早期発見に努める。

U.健診で指摘されたことが、精査・治療につながるよう支援する。

V.生活習慣病の発症を未然に防ぐため、健康診断が生活改善のきっかけになるよう支援する。

W.快適な環境を提供することにより、リラックスして検査を受けていただくよう努める。

X.健康づくりや検査、治療について、正しい情報が伝えられるよう知識の向上に努める。

 

健康診断のご案内・お申し込み

●健康診断●
人間ドック(日帰りドック)・脳ドック・生活習慣病予防健診・協会けんぽ生活習慣病予防健診・岡山市健康診査(がん検診)・特定健診(メタボ健診)・企業定期健康診断(労働安全衛生法に基づく健康診断)