アタック・ザ・メタボ

かぼちゃのチョコボール

メタボの大敵、チョコレート。
でも、時にはたくさん食べてみたい! 
そんな時、お勧めのチョコボールを、かぼちゃで作ってみました。栄養価豊富で食べた感が味わえます。
ちなみに、板チョコ1枚(60g)334kcalです

料理写真
材料(1人分)
かぼちゃ 60g
バター 5g
さとう 7g
ピュアココア 7g
栄養価(1人分)
エネルギー 137kcal
タンパク質 2.4g
脂質 5.9g
1.3mg
カロテン 2400μg
食物繊維 3.8g

作り方

  • ① かぼちゃはワタと皮をとって、一口大に切り、電子レンジで軟らかくなるまで加熱します。
  • ② 軟らかくなったかぼちゃをすりつぶして(裏ごすと、きめ細やかになります)鍋にとり、分量の砂糖とバター、そしてピュアココアは分量の2/3を加えて一緒に火にかけ練り上げます。
  • ③ 水分がなくなったら、火から下ろし、あら熱をとり、2cmくらいのかぼちゃボールを作ります。
  • ④ ③のかぼちゃボールを冷蔵庫で1時間ほど冷やし、残りのピュアココアをまんべんなくまぶして出来上がり。
    (かぼちゃボールは芯までしっかり冷やすことが、おいしさの決め手!!)

* かぼちゃは、じっくり加熱して甘味を引き出し、脂肪分と一緒にとるとカロテンの吸収力がアップします。

* ココアは必ず砂糖、ミルクの混じらないピュアココアを使います。ミルクココアにすると、エネルギー・脂質ともに高くなってしまい注意が必要です!!


食品の薬効

※ かぼちゃ
ウリ科のかぼちゃには、甘みが強くてほくほくしている『西洋かぼちゃ』と、皮が硬くてねっとりした『日本かぼちゃ』とがあります。プロビタミンAやビタミンC・ビタミンE・β-カロテンが豊富にふくまれ、強い抗酸化作用によって、目の黄斑変性予防・がん予防などの効果が期待されます。また、皮膚や粘膜を強化し感染症を予防する効果や、血行促進作用により体を温めて細胞の健康維持を助けます。
食物繊維も含まれ、便秘改善にもよいでしょう。
参考までに『日本かぼちゃ』のほうが、ビタミンCやEの含有量は高いといわれています。